四国別格十番札所 西山興隆寺

(にしやまこうりゅうじ)
飛鳥時代の皇極天皇元年(642年)に空鉢上人によって創建されたと言われている。その後報恩大師、弘法大師が入山を経て桓武天皇の勅願寺ともなり、現在では真言宗醍醐派の別格本山となっている。
また「もみじの西山興隆寺」として知られ、例年11月初旬から12月初旬にかけて多くの紅葉狩り客や写真愛好家が訪れる。
■本尊 千手観音菩薩
■次の別格札所まで 約4km
■所在地 愛媛県西条市丹原町古田1657
■電話 0898-68-7275
■最寄りの四国八十八ヶ所霊場
六十一番札所 香園寺 約11km
見所

■多数の文化財
多数の国、県、市指定の文化財を有している。本堂(国指定)、宝篋印塔(国指定)、三重塔(県指定)など。
前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ