四国別格十八番札所 海岸寺

(かいがんじ)
寺伝によれば、弘法大師は奈良時代後期の宝亀5年(774年)に当院の奥の院で生まれたとされており、弘法大師出化初因縁(しゅっけしょいんねん)の霊跡と言われている。
平安時代初期に大師が弥勒菩薩を刻み、堂宇を構えたのが当寺院の開創と伝えられている。 また、当院は瀬戸内海に面した屏風ヶ浦海岸に位置し、ここは弘法大師の母である玉依御前の出身地とされる。
■本尊 正観音 弘法大師誕生佛
■次の別格札所まで 約33km
■所在地 香川県仲多度郡多度津町大字西白方997-1
■電話 0877-33-3333
■最寄りの四国八十八ヶ所霊場
七十一番札所 弥谷寺 約6km
見所

■仁王門(本坊)
仁王像ではなく実在した力士をモデルとしている、全国的にも珍しい仁王門。
■奥之院
本堂が弘法大師の生家といわれており、大師と所縁のあるものが多く遺されている。
前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ