四国別格十九番札所 香西寺

(こうざいじ)
寺伝によれば、奈良時代に行基が宝幢山勝賀寺として創建したとされ、平安時代前期に弘法大師が現在の地に寺院を移し、地蔵菩薩像を刻んで安置したと言われている。
その後、室町時代にはまた別の場所に移転したが、江戸時代に再び元の場所に戻り、現在に至る。
■本尊 延命地蔵菩薩
■次の別格札所まで 約41km
■所在地 香川県高松市香西西町211
■電話 087-881-2337
■最寄りの四国八十八ヶ所霊場
八十二番札所 根香寺 約8km
見所

■多宝塔
本堂と一体となっている、珍しい建築様式。
前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ