お遍路 グッズ

金剛杖

弘法大師の分身とされ、頭部の五輪には直接触れないように金襴などでカバーなどをするのが一般的。
また、橋の下には大師が休んでいるので、橋の上で杖を ついてはならないとされている。第88番札所の大窪寺では結願後、金剛杖を奉納するお遍路さんが多い。
お遍路 グッズ

袈裟

お遍路さんは半袈裟・輪袈裟といわれる略式の法衣を肩からかけて使用する。
作法としては手洗いや食事の時にははずし、床などには直接置かないようにする。
お遍路 グッズ

経本

巡拝作法では、般若心経のほかに懺悔文(ざんげもん)・發菩提心真言(ほつぼだいしんしんごん)・開經偈(かいきょうげ)など数種類を読経することが正式とされているが、慣れるまでは般若心経だけでもかまわない。暗記をしていても、経本を見ながら読経するのが慣わしとされている。
お遍路 グッズ

巡拝パック

巡礼の旅の必需品である線香、ローソク、ライター、 納札、ボールペンなどが収納できるようになっていて、お遍路さんの使い勝手を考えて作られた。
お遍路 グッズ

菅笠

お遍路さんが使う物は「へんろ笠」ということもあり、一般的には、弘法大師をあらわす梵字と「同行二人」「迷故三界城」「悟故十方空」「何処有南北」「本来無東西」という文字が書かれている。梵字が前になるように被り、お堂の中でも被ったまま参拝することができる。
お遍路 グッズ

念珠

四国88カ所巡りで使う念珠(数珠)は真言宗の正式な物が良いとされているが、他宗派のものでも構わない。
逆に他宗派であっても、ほとんどの宗派で真言宗用の念珠を使っても構わないとされている。真言宗では念珠は長ければ左手に巻き付けるようにして持ち、首から下げてはならない。
お遍路 グッズ

納経帳

朱印帳ともいい写経を納めるか読経した証として、納経所で御本尊の名前とその梵字、寺院の名前を墨で書いてもらい、御朱印を押してもらうための帳面。2巡目以降も同じ納経書を使いその場合は「重ね印」といい、御朱印だけ頂く。
お遍路 グッズ

納札(おさめふだ)

札所参拝時に、表に参拝した日付・住所・氏名を、裏には願い事を書いて本堂と大師堂へ1枚ずつ納める。
100枚ひと綴りとなっていて、参拝回数によって色が決まっている。1〜4回は白、5〜7回は青、8〜24回は赤、25〜49回は銀、50〜99回は金、100回以上では錦となっており、金と錦は一般販売はしていない。
お遍路 グッズ

白衣(びゃくえ)

お遍路さんの正装で白装束とも言う。背中に「南無大師遍上金剛」や「同行二人」と書かれてるものが一般的で、実際に着るための「道中着」と御朱印をもらうための「判衣」の二種類がある。かつては白装束は死に装束を意味しており、巡礼に対するお遍路さんの決意の表れでもあった。
お遍路グッズ取扱い店
  • モアナカフェ

  • スワップ画像
  • 須見光栄堂

  • スワップ画像