六番札所 温泉山 瑠璃光院 安楽寺

(おんせんざん るりこういん あんらくじ)
古くは温泉が湧き出ていた安楽寺。湯治のご利益は弘法大師により広く伝えられ、「温泉山」の山号もそれにちなんで名付けられた。
またこの寺は、阿波の初代藩主蜂須賀家政により定められた8カ所の「駅路寺」のひとつで、400年にわたり宿坊としてもお遍路さんを迎え入れてきたところでもある。
■本尊 薬師如来
■次の札所まで 約1km
■所在地 徳島県板野郡上板町引野8
■電話 088-694-2046
見所

■願い棒修行
大師像前にある願い棒を年齢分握り経を咽えながら、右回りに大師像の周りを回りながら願をかける。
■逆松
厄年の大師を弓矢から守ったといわれ、大師のお手植えとされている。
■多宝塔
回遊式庭園の池の奥にある。
中は極彩色の仏画や彫刻で浄土を表現しており、周りでは八十八ヶ所のお砂踏ができる。
■太子駒つなぎの石
太子は聖徳太子のことで、斑鳩の宮から推古天皇の宮殿まで通う途中に馬をつないだといわれる。奈良から移設した。
前のお寺へ
オススメスポット
  • 民宿 錦青

  • スワップ画像
  • 民宿 寿食堂堂

  • スワップ画像
  • 民宿いしだ

  • スワップ画像
次のお寺へ