八番札所 普明山 真光院 熊谷寺

(ふみょうざん しんこういん くまたにじ)
寺伝によれば、弘仁6年(815)、弘法大師がこの近の閼伽ヶ谷(あかがたに)で修行中、熊野権現から金の観音菩薩像を授けられた。その像を自ら刻んだ千手観音像に胎内仏として納め、本尊としたのが寺の始まりとされている。
残念ながらこの本尊は昭和2年の火災で本堂とともに焼失している。その後昭和15年に再建が始まるが、第2次大戦により中断。昭和46年になってようやく完成した。
■本尊 千手観世音菩薩
■次の札所まで 約3km
■所在地 徳島県阿波市土成町土成字前田185
■電話 088-695-2065
見所

■多宝塔
安永3年(1774)に建立されたもので、四国では最古最大規模といわれている。
■弁財天
池の中島に祀られている弁財天は安産のご利益があるとされている。
■仁王門
貞享4年(1687)の建立で、間口約9m、高さ約12mあり、四国霊場最大級である。
2層目の天井や柱には極彩色の天女などが描かれている。
前のお寺へ
オススメスポット
  • うどん亭・旅館 八幡

  • スワップ画像
次のお寺へ