九番札所 正覚山 菩提院 法輪寺

(しょうかくざん ぼたいいん ほうりんじ)
法輪寺は、弘仁6年(815)に弘法大師が仏の使いである白蛇との出会ったのを機に涅槃釈迦如来を刻み、これを本尊として開創したのが始まりとされている。
当時は「白蛇山法淋寺」といい別の所にあったが、天正10年(1582)の長曽我部元親の兵火により焼失。正保年間(1644〜48)に現在の場所に移され、山号と寺名も改められた。安政6年(1859)に再び焼失し、明治になって再建されている。
■本尊 涅槃釈迦如来
■次の札所まで 約5km
■所在地 徳島県阿波市土成町土成字田中198-2
■電話 088-695-2080
見所

■足腰お願いわらじ
その昔、足の不自由なお遍路さんがこの寺を参拝中に足が治ったという話から、仁王門や本堂にはたくさんの草鞋が奉納されている。
納経所で売られている健脚祈願「足腰お願いわらじ」は参拝者に人気である。
■涅槃釈迦如来
涅槃釈迦如来を本尊とするのはこの寺だけ。
普段は秘仏とされており、5年に一度だけ開帳される。

前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ