二十一番札所 舎心山 常住院 太龍寺

(しゃしんざん じょうしゅういん たいりゅうじ)
太龍寺は「西の高野」ともいわれる山岳寺院で、延暦12年(793年)に桓武天皇の勅願により、弘法大師が虚空蔵菩薩像を本尊として開創した。
また、それ以前に大師は19歳でこの地を訪れ、「舎心ヶ嶽」という岩上で、100日間で100万遍の真言をとなえる「虚空蔵求聞持法」を修したと伝えられている。「阿波の三難所寺」の3つめで、巡礼者には屈指の難所であったが、現在ではロープウェイが開設されている。
■本尊 虚空蔵菩薩
■次の札所まで 約14km
■所在地 徳島県阿南市加茂町龍山2
■電話 0884-62-2021
見所

■舎心ヶ嶽
境内から600mほど行ったところにある。
岩の上にブロンズ製の「求聞持修行大師像」が東向きに坐っている。
■仁王門
鎌倉時代に造られたもので、寺では最古の建物である。
■虚空蔵菩薩
普段は秘仏とされているが、毎年1月12日だけ開帳される。
■龍の天井画
持仏堂の大廊下の天井の龍の絵は、大師の修行を邪魔するために現れ、後にこの寺の守護者となった伝説をもとに安芸市出身の日本画家、竹村松嶺が描いたもの。
前のお寺へ
オススメスポット
  • 坂口屋

  • スワップ画像
  • 明山荘

  • スワップ画像
次のお寺へ