三十三番札所 高福山 雪蹊寺

(こうふくざん せっけいじ)
雪蹊寺は四国霊場には2ヶ寺しかない禅宗の寺である。延歴年間(782〜806)に弘法大師が開期した当時は高福寺といい、真言宗の寺であった。
鎌倉時代になって、本尊を刻んだ仏師の運慶と息子の湛慶にちなみ慶運寺と改名されたが、後に廃寺となる。天正年間(1573〜1592)に長宗我部元親が臨済宗の寺として再興し、長曽我部の菩提寺となった。元親の没後には元親の法号から雪蹊寺と改められた。
■本尊 薬師如来
■次の札所まで 約8km
■所在地 高知県高知市長浜857-3
■電話 088-837-2233
見所

■太玄塔
廃仏毀釈で廃寺となった寺を復興させた17代山本太玄住職の供養塔。18代の山本玄峰和尚により建てられた。
■玄峰塔
18代山本玄峰住職の供養塔。
玄峰住職は眼病祈願のために裸足で巡礼していたが、雪蹊寺の前で行き倒れていたところを太玄和尚に助けられ出家した。
■霊宝殿
雪蹊寺は「鎌倉仏像の宝庫」といわれ、運慶の作と伝えられる本尊の薬師如来像、脇侍の日光菩薩、月光菩薩や息子湛慶の作といわれる毘沙門天像と吉祥天女像がある。拝観は要予約。
前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ