三十五番札所 醫王山 鏡池院 清滝寺

(いおうざん きょうちいん きよたきじ)
清滝寺は養老7年(723)、行基が薬師如来を刻んだ当初は「景山密院釈本寺」という寺名であった。
後に訪れた弘法大師が五穀豊穣を祈って7日間の修行をし、その満願の日に大師が金剛杖で地面をついた所から清水が溢れ瀧となり、鏡のような池が出来たため「鏡池院清瀧寺」と改名したと伝えられている。また、弘法大師十大弟子の一人である真如上人が逆修の五輪塔を建立し修行に望んだ寺でもある。
■本尊 厄除薬師如来
■次の札所まで 約18km
■所在地 高知県土佐市高岡町丁568-1
■電話 088-852-0316
見所

■厄除け薬師如来像
高さ15mで台座の中は厄除けのための「戒壇巡り」ができる。
■逆修塔
貞観3年(861)に真如上人が建てた生前墓。
逆修塔のある一帯は「不入の山」といわれている。
■楼門の天井画
明治33年、地元の日本画家久保南窓によりもので、「蛟龍図」と「天女図」がある。
■身代わり大師の御守
「我を信ずる者には、病気災難の身代わりに立ち遭わさん」という大師の言葉通り、災難を大師が引受けてくれると言われている。
前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ