三十八番札所 蹉蛇山 補陀洛院 金剛福寺

(さださん ふだらくいん こんごうふくじ)
「修行の道場」も残す所2ヶ寺、ここで札所間の距離は厳しさを増す。
特に金剛福寺は、前寺との距離が四国霊場中最も長く90kmをこえ、歩き遍路は3日をかけてこの寺を目指す。寺は弘仁13年(822)、足摺岬を訪れた弘法大師がこの地を観音浄土の入り口であると感じ、嵯峨天皇から「補陀洛東門」の勅願を受け、三面千手観音を刻んで創建したのが始まりといわれている。
■本尊 三面千手観世音菩薩
■次の札所まで 約74km
■所在地 高知県土佐清水市足摺岬214-1
■電話 0880-88-0038
見所

■嵯峨天皇宸筆の扁額
「補陀洛東門」と彫られた木額は、平安初期に弘法大師と並んで三筆にかぞえられた嵯峨天皇によるものとされている。
■多宝塔
源頼光が清和天皇菩提の為に建立されたもの。
■大師亀
足摺7不思議のひとつに、大師が修行の場とした不動岩に渡るため、亀を呼んだという「亀呼岩」がある。
■和泉式部の逆修塔
和泉式部が自らの黒髪を埋めて供養したといわれる。
前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ