四十三番札所 源光山 円手院 明石寺

(げんこうざん えんじゅいん めいせきじ)
明石寺(めいせきじ)はもともと「あげいしじ」といったため、地元では「あげいしさん」と呼ばれている。
寺は欽明天皇の勅命を受けた円手院正澄が、千手観音像を祀るために開き、天平6年(734)には、寿元行者が熊野から十二社権現を祀る十二坊を建立して修験道場の中心となった。その後何度か荒廃するも、弘仁13年(822)には弘法大師が、建久5年(1194)には源頼朝が再興し、山号を「源光山」と改めた。
■本尊 千手観世音菩薩
■次の札所まで 約78km
■所在地 愛媛県西予市宇和町明石201
■電話 0894-62-0032
見所

■しあわせ観音像
本坊の裏にあり、赤い着物姿で左手に水瓶を持っている。



前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ