五十二番札所 龍雲山 護持院 太山寺

(りゅううんざん ごじいん たいさんじ)
用明2年(587)のころ豊後の真野長者は、商いのため船で大阪に向かう途中、高浜沖で嵐に遭ったが観音菩薩に祈ったことで難を逃れることができた。
この仏恩に報いるため、一夜のうちに本堂を建立したといわれるのが、太山寺である。その後、天平11年(739)に聖武天皇の勅願寺となり、天長年間(824〜834)には晩年の弘法大師が訪れ、第52番目の四国霊場に定めたといわれている。
■本尊 十一面観世音菩薩
■次の札所まで 約2km
■所在地 愛媛県松山市太山寺町1730
■電話 089-978-0329
見所

■本堂
国宝。真野長者建立から3度目のもので、嘉元3年(1305)、当時の領主、河野家が寄進した。
■仁王門
鎌倉時代に再建されたもので、国の重要文化財。
■聖徳太子堂
道後温泉に来られた聖徳太子は太山寺とも縁が深い。
太子堂には法隆寺の太子堂と同じ太子像が祀られている。毎年1月15日の太子祭には、「幸せをすくい上げていただく」ために「しゃもじ」を持った参拝者が多く訪れる。
■一畑薬師堂
目の病気にご利益があるといわれている。
■三重塔の礎石
大師堂のそばにあり、新しいたわしでこすれば痔が治るといわれている。
前のお寺へ
オススメスポット
  • 東横INN松山一番町

  • スワップ画像
次のお寺へ