五十三番札所 須賀山 正智院 円明寺

(すがざん しょうちいん えんみょうじ)
天平勝宝元年(749)に行基が「海岸山圓明密寺」として建立し、後に弘法大師が四国霊場に定めた。
元和年間(1615〜1624)に須賀重久が今の場所に移して再興し山号を「須賀山」に、寛永13年(1636)には寺号を『円明寺」と改められた。ここには伊勢の木材商、樋口平人家次が慶安3年(1650)に納めた四国霊場最古の銅板納札があり、大正13年にアメリカ人の文化人類学者スタール博士によって発見された。
■本尊 阿弥陀如来
■次の札所まで 約38km
■所在地 愛媛県松山市和気町1-182
■電話 089-978-1129
見所

■キリシタン石塔
大師堂左にある高さ40cmほどの灯籠。
聖母マリアと思われる女性の姿が彫られている。
■左甚五郎作の龍
本堂右上の欄間にある長さ5mの龍で、江戸の名工左甚五郎作といわれている。

前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ