五十五番札所 別宮山 金剛院 南光坊

(べっくざん こんごういん なんこうぼう)
四国霊場の中で寺名に坊がつくのは南光坊だけである。
大宝3年(703)に、伊予水軍の祖といわれる越智玉澄は、大三島に大山祇神社を建立。その法楽所として建てられた二十四の別当寺のひとつとされている。和銅元年(708)には行基によりこの内の八坊が奉祭され、弘法大師により四国霊場に定められた。八坊は、後の天正の兵火により全て焼失するが、唯一南光坊だけが再建された。
■本尊 大通智勝如来
■次の札所まで 約4km
■所在地 愛媛県今治市別宮町3丁目1番地
■電話 0898-22-2916
見所

■川村驥山の菅笠
川村驥山は書道界初めて芸術院賞を受けた書家で、昭和29年娘と共に巡礼中、住職に懇願され奉納した。納経所にある。
■天野快道大僧正の墓
天野快道(1846〜1923)は、京都醍醐寺の座主もつとめた高僧で、「大楠と三匹の狸」という伝説が残っている。

前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ