六十一番札所 栴檀山 教王院 香園寺

(せんだんさん きょうおういん こうおんじ)
この寺には、大同年間(806〜810)に訪れた弘法大師が、身重で苦しむ女性を栴檀の香を焚き、加持祈祷して安産させたという伝説がある。
これにより、この辺では大師を「子安大師」と呼び、安産、子育て信仰の的とされている。寺の歴史の深さも四国霊場屈指で、開基は聖徳太子であるとされている。境内には本堂と大師堂をかねたコンクリート製で近代的な建て物がしつらえられている。
■本尊 大日如来
■次の札所まで 約2km
■所在地 愛媛県西条市小松町南川甲19
■電話 0898-72-3861
見所

■大聖堂
昭和51年に建立。2階建ての鉄筋コンクリート造りで、1階が大講堂、2階が本堂と大師堂になっている。
■子安大師像
大聖堂の右手前にあり、背中にゴザを背負い、右手には錫杖、左手に赤ん坊を抱いている。
寺の入り口には「子安大師」の石碑もある。
前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ