六十三番札所 密教山 胎蔵院 吉祥寺

(みっきょうざん たいぞういん きちじょうじ)
吉祥寺は毘沙聞天(一般的には毘沙門天だが、ここ吉祥寺では毘沙聞天と書く)を本尊とする四国霊場唯一の寺である。弘仁年間(810〜824)に弘法 大師により開創された時は今より南東にある坂本山にあったが、天正13年(1585)の豊臣秀吉による四国討伐で廃寺となり、万治2年(1659)に 今の場所に再建された。また、長曽我部元親が土佐沖で難破したイスパニアの船長から譲り受けたという高麗焼きの白いマリア像があり、寺では「マリア観音像」と呼ばれている。
■本尊 毘沙聞天
■次の札所まで 約3km
■所在地 愛媛県西条市氷見乙1048
■電話 0897-57-8863
見所

■成就石
中央に40センチほどの穴があいた石で、この穴に金剛杖を通せば願いが叶うといわれている。
■くぐり吉祥天女
成就石の横にある。
1.5mほどの台座の上に乗った女神像。台座の下は人が通れるようになっており、くぐれば富に恵まれるといわれている。
前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ