六十四番札所 石鉄山 金色院 前神寺

(いしづちざん こんじきいん まえがみじ)
日本七霊山に数えられる石鉄山。
そこにある前神寺は、真言宗石鎚派の総本山であり、石鉄修験道の根本道場である。若き日の弘法大師も、2度この山にこもり荒行を修めている。開創は修験道の開祖、役行者小角であるとされている。桓武天皇の病気平癒を祈願し成就したため、歴代天皇の厚い帰依を受け隆盛を極めたが、明治の神仏分離例により廃寺となり、明治11年(1874)になって再興された。
■本尊 阿弥陀如来
■次の札所まで 約46km
■所在地 愛媛県西条市洲之内甲1426
■電話 0897-56-6995
見所

■御瀧行場不動尊
大師堂右の石段上にあり、かつては滝打ち修行が行われていた場所にある。
岩にお賽銭が張り付くとお不動さんに願いが届くといわれており、岩肌に多くの硬貨が張り付いている。
■権現様縁日
毎月20日の夜7時30分なると、3体の蔵王大権現が開帳される。
この像に体の痛い所や悪い所をすりつけると良くなるといわれている。
前のお寺へ
オススメスポット
  • スーパーホテル新居浜

  • スワップ画像
次のお寺へ