七十番札所 七宝山 持宝院 本山寺

(しっぽうざん じほういん もとやまじ)
大同2年(807)平城天皇の勅願寺として建立された本山寺。
その本堂は弘法大師が一夜の内に建てたといわれている。また天正の兵火で、境内にまで迫った長曽我部軍が住職を刃にかけたところ、脇仏の阿弥陀如来の右手から血が流れ落ちたため、畏れて逃げだしたといわれている。このため本山寺は、天正の兵火を免れた数少ない寺であり、阿弥陀如来は「太刀受けの弥陀」といわれている。
■本尊 馬頭観音
■次の札所まで 約13km
■所在地 香川県三豊市豊中町本山甲1445
■電話 0875-62-2007
見所

■本堂
創建時の本堂は弘法大師が一夜のうちに建てたといわれるが、 現在のものは正安2年(1300)建立された。
外観は京都風、内部は奈良風の折衷様式で、鎌倉時代の傑作である。
■五重塔
四国霊場に4つある五重塔の一つ。
大同4年(809)に創建されたが痛みが激しく、明治43年に当時住職の頼富実毅が再建した。
■仁王門
久安3年(1147)建立された八脚門の仁王門。国の重要文化財。
■鎮守堂
桧皮葺きの小社で、天文16年(1547)に建立された。弘法大師が勧請した善女龍王が祀られている。
■六文銭のお守り
納経所にあるお守りで、六文銭は三途の川の渡し賃といわれており、長寿、災難除け、魔除けのご利益があるとされている。
前のお寺へ
  • 広告募集中
次のお寺へ