八十三番札所 神毫山 大宝院 一宮寺

(しんごうざん だいほういん いちのみやじ)
大宝年間(701〜703)に法相宗の義淵僧正が創建した大宝院は、諸国に一宮が建立されるようになると、讃岐国一宮の田村神社の別当寺となり、義淵の弟子、行基により一宮寺と改められた。
その後、大同年間(806〜810)に弘法大師が聖観世音菩薩を刻み本尊として安置し、宗派も真言宗となる。延宝7年(1679)には、高松藩主松平頼重により別当職を解かれ、神仏は分離し建物も移されている。
■本尊 聖観世音菩薩
■次の札所まで 約17km
■所在地 香川県高松市一宮町607
■電話 087-885-2301
見所

■本堂
元禄14年(1701)に十方施主により再建された。
■一宮御陵
本堂左手前にある三基の宝塔で、孝霊天皇・百襲姫命・五十芹彦命の供養塔とされている。江戸時代の神仏分離の際に田村神社から移された。
■地獄の釜
弘法大師が戒めのために造ったとされ、中には薬師如来の石仏が祀られている。ここに頭を入れると、ゴーッという地獄の釜の音が聞こえると言われ、悪人であれば頭が抜けなくなると言われている。
■護摩堂前創作石灯籠
京都迎賓館の石造工芸を担当した西村金造の作品。
前のお寺へ
オススメスポット
  • 東横INN高松兵庫町

  • スワップ画像
  • スーパー高松・田町

  • スワップ画像
次のお寺へ